So-net無料ブログ作成

おひさまのあらすじ:第30話 [あらすじ]

2011/05/07に放送 第30話のあらすじ

正月休みも終わり
陽子(井上真央)・育子(満島ひかり)・茂樹(永山絢斗)に
受験日が近づきます。
一人で東京に行くことに反対する育子の親を説得して
真知子(マイコ)が、育子の付き添いで東京に行くことに
無事合格した兄の茂樹は
「お祝いは陽子が受かってから一緒にしよう」と言います。

育子が東京から帰ってきて
満面の笑みを浮かべ
「私、いくよ、東京」と

いいことがたくさん続き陽子は感動で泣きながら
次は自分の番だとはりきります。


つづく

NHK連続テレビ小説 おひさま 第1週~11週までの内容/ 岡田 惠和 作 蒔田 陽平


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

携帯用アフィリエイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。